有名なブランド 業務用 調理家電 キッチン家電 白 おしゃれ KitchenAid DCモーター 静音 ハイパワー ミキサー スタンド 6.9L ハイパワーモーター搭載 ホワイト KSM7WH スタンドミキサー キッチンエイド 国内正規品 日本仕様 家庭用 送料無料 大容量 ステンレス-ミキサー

有名なブランド 業務用 調理家電 キッチン家電 白 おしゃれ KitchenAid DCモーター 静音 ハイパワー ミキサー スタンド 6.9L ハイパワーモーター搭載 ホワイト KSM7WH スタンドミキサー キッチンエイド 国内正規品 日本仕様 家庭用 送料無料 大容量 ステンレス-ミキサー

有名なブランド 業務用 調理家電 キッチン家電 白 おしゃれ KitchenAid DCモーター 静音 ハイパワー ミキサー スタンド 6.9L ハイパワーモーター搭載 ホワイト KSM7WH スタンドミキサー キッチンエイド 国内正規品 日本仕様 家庭用 送料無料 大容量 ステンレス-ミキサー

 




キッチンエイド スタンドミキサー KSM7WH ホワイト【日本仕様】

「混ぜる・練る・泡立てる」など、パンやお菓子作りに大活躍!アームリフト式多機能ミキサー。
ワイヤーホイップ・ビーター・ドゥフックという3種のアタッチメントが付属。
ハイパワー モーター搭載で、作業をとても簡単に行うことができます。
機能性はもちろん、おしゃれなデザインでも人気のキッチン家電です。



■静粛性の高いDCモーターを採用
単相100Vのスタンドミキサーでは史上初めてDCモーターを採用。
DCモーターは始動時の速度を抑え高トルクを発生するのが特徴です。
従来のACモーターに比べ回転速度を約40%遅くし静粛性を向上する一方で、
攪拌速度はギア比の調整で逆に2倍以上となり高速回転を維持しながら静かで力強い攪拌を実現しています※。
(※メーカー調べ)

■独自のオール金属製ギアユニット搭載
内部のギアユニットは卓上モデルとしては異例のオール金属製。
他製品に見られるゴム製のベルトや変速機と異なり、非常に精密かつ完璧な状態で噛み合うように設計されています。
この特別設計により、攪拌部へのモーターパワーのロスを最小限に抑えています。

■最新のフィードバックコントロール
攪拌部はボウル内の状況を、毎秒常にモニターしてコントロール。
モーターの回転を見て過負荷がかかったとフィードバックされた時はすぐに動作をストップします。
これによりモーターの過度な負荷の低減と予防、モーター保護機能作動から自動復帰までの時間短縮、超寿命化を実現しています。



■メーカー:キッチンエイド
■型式:KSM7WH
■電源:100V 50/60Hz
■電流:6.1A(15分定格)
■消費電力:400W
■回転数:105~505r.p.m.(無負荷時)
■容器容量:6.9L
■質量:12.7kg
■外形寸法:幅300×奥行370×高さ420mm
■標準付属品:11本ワイヤーホイップ、平面ビーター、スパイラル・ドゥーフック、ステンレスボウル(6.9L)、流し込みシールド


有名なブランド 業務用 調理家電 キッチン家電 白 おしゃれ KitchenAid DCモーター 静音 ハイパワー ミキサー スタンド 6.9L ハイパワーモーター搭載 ホワイト KSM7WH スタンドミキサー キッチンエイド 国内正規品 日本仕様 家庭用 送料無料 大容量 ステンレス-ミキサー

盛岡の玄関口・開運橋のたもとにある迫力の大画面映像メディアを運営。
岩手のチラシがネットで見られる!「チラシ天国」
リンナイ ガス衣類乾燥機 乾太くん RDT-80 乾燥容量8kg ガスコード付
岩手のとれたて生活情報をネットで発信。スマホ、タブレットでも閲覧可能です。
ホームページ企画・制作
ホームページの企画・制作から運用・管理まで、おまかせください。
グラフィックデザイン(広告・出版・チラシ・ポスター・パンフレット)
パナソニック 部品・消耗品 内釜 ARE50-I01
新聞・雑誌広告、チラシ、ポスター、パンフレットなど、何でもデザインします。
ネットショップの構築・運営サポート
ネットショップの企画から構築、運営までトータルにサポートします。
CG・建築パース制作
コンピュータ・グラフィックスを使用した建築パースや間取り図を制作します。
賢治・星めぐりの街・花巻
宮沢賢治作品の創作舞台「花巻」を探訪しませんか?webサイト公開中。
一緒に考えてみませんか?郊外団地の「空き家問題」
リンナイ ガス衣類乾燥機《 RDT-52SA 》いつでも送料無料!全国施工対応のガスショップお気軽にお電話下さい。
「空き家」活用による住み替え・定住促進研究会に参画しています。
シニアのための生活ガイド「しにあくらす」岩手版
2012年11月、情報誌発刊、続いてwebサイトもオープン!